「加齢により体力の衰えを感じた医師の転職」が実は多いようです。
医師の仕事は皆さんもご存知の通り、一定以上のハードワークを強いられることが多いでしょう。
それは当直に関することであったり、長時間に渡る勤務であったり、なかなか休みがとれないという事であったり、細かく挙げれば色々な要因があるわけですが、いずれにしても、そういった部分で悩んでいる方が多いということです。
それらの状況をもし一言でまとめるとするならば、年齢がある程度上がって来た際に体力の低下を感じる、ということになるのでしょう。

しかし、体力が幾ら低下したとしても、折角医師になったわけですから、この仕事を続けたいという気持ちを持ち続ける方が多いのも当然です。
そういった方からすれば、どうすれば自分にあった適正な職場を見つけることができるのか、そういった部分で悩まれるのではないかと思います。
そこで、今回は同様の悩みを抱えている皆さんに対して、色々な情報をお伝えしていければと思います。

同様の悩みを抱えるみなさんの声について

先ほどもある程度お話をさせて頂きましたが、ここで改めて、同様の悩みを抱えている医師の事を、もう少し詳しく紹介しておきたいと思います。
このような悩みを抱えている医師の多くは、加齢による体力の低下を感じるというよりは、恐らく現在の職場環境に対する不満が大きくなっているのではないかと感じます。

そもそも、医師がそれだけハードワークになる原因自体は医師本人にではなく、職場環境にあるわけです。
仮にある程度体力をお持ちの方であったとしても、長期に渡ってハードワークを続けていれば、どこかで疲れてしまうのは当然です。
そのことに対し、エネルギーが以前より低下してしまった…等と、責任を感じる必要はもしかしたらないのかもしれません。
当直が続く、休みが取れない、一回の勤務があまりにも長時間に渡る。
このような状況は、そもそもの職場環境が悪いわけですから、むしろ転職をされた方が御身のためと言えるでしょう。

自分にとって適正な職場をみつける方法

自分に合った職場を探そうと思えば、そのために必要となるのは転職に関する情報収集なのではないかと思います。
とはいえ、これまで医師として一生懸命働いていたみなさんからすれば、どうやって次の職場を探したらいいのか分からない部分もあるかもしれません。

そこで一度利用して欲しいのが医師転職サイトです。
こういった所には専属のコンサルタント等がいる場合も多く、色々な相談に乗ってもらうことができます。
自分に合った職場を探したいということであれば、希望を正直に伝え、自分に合った職場を斡旋してもらうというのが、一番良いのではないかと思います。