医師にとって働き盛りの年齢とは、どの程度の年齢層となるか皆さんはご存知でしょうか。
実は、医師にとってもっとも働き盛りと言われているのは30代から40代の層になると言われています。
現実的に考えると、医師としての職務内容にもある程度慣れてきており、一定水準のスキルを手に入れつつあるような状況の方が多いのではないでしょうか。

しかし、実はこの年代において医師の転職を考える方が多く、30代から40代において、そのような悩みが表面かしやすい時期と考えることができるのかもしれません。
しかし、この年代において転職を検討するというのは、一般的な企業で考えてみると、少し遅いのでは?と判断されるような時期でもありますし、そういった部分で転職について二の足を踏んでしまう方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回はそのような悩みを抱えているみなさまに、リアルな転職事情についての情報をお届けしていければと思います。

そもそも30代以降の転職は遅いの?

既に悩んでしまっている人にとっては、30代以降で転職をすることについて少し抵抗があるのかもしれませんが、実は皆さんが悩むほど30代以降における医師の転職というのはレアな話ではありません。
つまり、結論から言えばこの年代において転職をすることは可能なのか、いや、可能であると断言することができます。

もう少し踏み込んで考えて頂ければ分かると思うのですが、キャリアアップを目的にした転職というのは、むしろ一般的な会社員の方であっても30代以降に多いものとされています。
また、医師転職に関する多くのアンケートにおいても、30代から40代以降においての転職が多いという結果が出ています。

ですので、もし皆さんもそのようなことで悩んでいたのだとすれば、その悩みは今すぐ捨ててしまっても問題はありません。
今すぐ、キャリア・アップを目指すために転職活動をされても全く問題はないということです。

30代以降の転職事情について

この年代において、転職される方が多いというのは先ほどお話した通りですが、具体的にはどのような転職が多いのでしょうか。
転職に関する動機をみてみると、キャリアアップを狙っての転職が多いのも分かりますが、現在の職場に関する悩みを抱えて、転職を検討する方も多いというデータも出ています。

例えば人間関係であったり、組織的な問題であったり、ライフスタイル構築に関する悩みであったり、大きく分けると幾つかのパターンとなるのですが、みなさん様々な理由で転職を検討している事が分かります。